Tunaboni Collectionsの制作情報をお知らせいたします

# ツナボニコレクションズ(Tunaboni Collections)公式ブログ

# 恋する編集者シリーズ完結記念。アフターストーリーその⑤「つよがり。」

恋する編集者シリーズ第5弾「つよがり。」(2016年1月発売)アフターショートストーリーです。
(本編をお聴きになってからどうぞ)





「知らない彼」
~~恋する編集者シリーズ第5弾「つよがり。」アフターSS


焼津の漁港に取材に来てお土産にマグロをいただいた。
同行のカメラマン松尾さんと分け合おうとしたが「俺、魚苦手なんだよね」と拒否される。
帰りの車の中で美紀彦に「マグロもらったけどお刺身食べる?」とラインをするが、中々既読がつかない。
当然だ。多忙な彼はプライベート用のスマホを見ている暇などないもの。

何度もスマホを確認していたせいで「連絡待ち? 彼氏?」と運転中の松尾さんにニヤニヤされる。
「違、」と言いかけ「……そうです」と応え直したら、「顔が真っ赤だ」とますますからかわれてしまった。

帰宅後シャワーを浴びてバスルームから出ると、テーブルの上のスマホのライトが点灯していた。
「食べる。今晩行く」との短いレスポンス。情報はこれだけ。
彼の来訪が何時になるのか読めないのはいつものことだ。
「待ってるね」と送り返す。

さてこうしてはいられない。
解凍方法の書かれた紙とにらめっこし、どうにか美味しそうに見えるようにマグロを切り分けた。
あとは何にしよう? 野菜の煮物かな。里芋があったはず。

煮物を仕上げてかき卵汁を作りかけた時にチャイムが鳴った。
「お、いい匂い。煮っころがし?」
ドアを後ろ手に閉めた美紀彦が「これ飲もう」と地酒を差し出してくる。
「マグロにはやっぱり日本酒だよな。女将さん、一本つけてくれよ」
笑いながら地酒を受け取り台所に立った。

二人で食べるには多すぎるかと思われた刺し身もあらかた片付いた。
「ご馳走さまでした。刺し身も美味かったけど煮っころがしが絶品だったな」
彼が満足そうにため息をつく。作ってよかった。
その後、お茶を飲みながら今日の取材の話をしていると、だんだん美紀彦が不機嫌になってきた。
……何が気に入らないのかな。

「美紀彦?」
「……松尾とおまえっていつもペアなの?」
「?……あそこの雑誌じゃわりと多い方かも」
「ふーん、そうなんだ」
器用に片眉だけを上げうろんげに私を見る。

「……ったく。今まで『松尾さんがどうしたこうした』って何度聞かされたことか。
我慢してたけど、もうこれも解禁でいいよな? そいつの話はもう、す、る、な」
と、人差し指で私の口をリズミカルに叩く。
「俺がヤキモチも焼かないような男だと思ってた? 認識不足だね」

「でも松尾さんとはそういうんじゃ」
押し倒され、弁解しかけた唇をいきなりふさがれた。
容赦なく口内をかき回す熱い舌。その熱さに酔ってしまう。
「聞かないよ」
そう言い捨てると、私の唇の端を軽く噛んだ。
彼の荒い息が耳元に降るだけで背筋を微弱な電流が走る。
首筋に落とされるキスに身体の力が抜ける。

「髪、いい匂いがする……シャワー浴びた?」
「……みき、ひこ、……もう、」
「わかってる。ほら、肩につかまれ」

抱きかかえられた、と思う間もなくベッドに落とされた。
「ひどい」
「ひどいのはどっち。ようやく恋人に戻った女から、他の男の話を聞かされる身にもなってみろよ」
ズボンのベルトを外してのしかかってくる。
「……怒ってるの?」
「んーわりとな」
すねてる。こんな彼を見るのは初めてだった。十年近くもそばに居てまだ知らない彼がいるなんて。

「今夜は寝かさないから。覚悟しとけ」
不敵な笑みで宣言し、私の服をはぎ取っていく。
……はい。覚悟、します。


(了)



おまけ※「つよがり。」で使用した回想シーン導入BGMのフルバージョンです(♪をクリック)
♪mikihiko.mp3
mikihiko.jpg


長らくお付き合いありがとうございました

# 恋する編集者シリーズ完結記念。アフターストーリーその④「はつ恋。」

恋する編集者シリーズ第1弾「はつ恋。」(2015年8月発売)アフターショートストーリーです。
(本編をお聴きになってからどうぞ)


「ハッピー・ファニー・バースデー」
~恋する編集者シリーズ第1弾「はつ恋。」アフターSS



保との同棲生活を開始してから最初の私の誕生日が来た。
私の心に期するのは(ああ、また保とひとつ歳の差が離れた)という年上彼女としての切ない感慨だったのだが、
保自身は大層なはしゃぎようで「俺、好きな人の誕生日を一緒に祝ってあげるの初めてだ」
と手放しで喜んでくれた。

「今日は何もしないでいいからね? 家事の一切は俺に任せなさい」
たまたま日曜ということもあり、手持ち無沙汰なまま、食事の後片付けをしたり掃除をしたりする保を眺めている。
ふだんは帰宅の遅い保より家事負担は私の方が多いが、家事は嫌いではないしどうせやることだから、と言っている。
気にしなくていいのに保はこういう機会に挽回したいらしい。
ただ、一つだけ気がかりがあった。

さすがに下着まで洗濯させるのは気が咎めて「それはしなくても」と止めたのだが、
保は「やる」と言って聞かなかったのだ。
「大丈夫。ネットに入れて弱水流で洗ってる。問題ない。できる」
洗濯機の終了音が鳴り、洗いたての衣類を抱えて意気揚々と保はベランダに出ていった。

だがその後異変は起きた。
(……何故あんなにブラジャーを見つめているんだろう)
眉間にしわを寄せ、真剣そのものの表情で慎重にピンチにぶら下げている。

やがてベランダとの間仕切り戸を締めた保が
「ねぇ、ちょっと教えて」と言いながら近づいてきた。
「あのさ。干し方が悪いと型がくずれることってあるのかな。そのぅ~ブラジャーの」
あまり気にしてなかったこと。思わず首をひねる。

「そのせいでおっぱいの形が変わったりする?」
「いや、あなたのおっぱいがどんな形になっても、俺は大好きだから別にいいんだ、うん」
「でも、あなたが困るかなと思って。ちょっと干し方を確認してみて。あれだけ自信がない」
「……」
(それであんなに悩んでいたのね)

「どうしたの?」
うつむく私の顔を覗こうとするのを制して、彼の胸に飛び込む。
「……保はずっと保だね」
「うん?」
「ありがとう」

好きになってくれてありがとう。
待っていてくれてありがとう。
優しくしてくれてありがとう。
いくつものありがとうを眼差しにこめる。

保は少しの間目を瞠っていたが、やがて微笑みながら優しいキスを落としてくれた。
「俺にも言わせて。生まれてきてくれてありがとう」
唇ごしに震えて伝わる言葉が嬉しい。
両掌に頬を支えられたキスは次第に深くなり、息をするのも苦しくなった。
そして、彼の『いい?』というアイコンタクトにうなずいて寝室へ―

そんなこんなで夕飯は大変遅くなってしまったのだが。
テーブルに並んだのは保ががんばって作った「男のシーフードカレー」と「男のシーザーサラダ」でとても美味しかった。
(『男の』をつけるのが正式名称だそうだ)
その後は部屋の明かりを消してケーキのろうそくに火をつけた。

バースデーケーキの上でゆらめく炎と保が歌うバースデーソング。
歌い終わった保が言った。
「火、吹き消して。願いごとを考えてね」
私の願いごとはただひとつだけ。
『いつまでも保と一緒にいられますように』



(了)





# 恋する編集者シリーズ完結記念。アフターストーリーその③「手ほどき。」

恋する編集者シリーズ第2弾「手ほどき。」(2015年9月発売)アフターショートストーリーです。
(本編をお聴きになってからどうぞ)



「新しいシーツ」
~恋する編集者シリーズ第2弾「手ほどき。」アフターSS


玄関ドアが開くと同時に「お」という声がした。
杉原さん、もとい、亮司さんはきょろきょろと周りを見回している。
「壁紙、張り替えたんですね」
……敬語だ。
つまり今の彼は仕事モードということ。
「ええ、ちょっと気分を変えたくて。……杉原さん、仕事部屋にどうぞ」

彼の会社サイレント出版は今忙しいようで、彼が以前のように打ち合わせに来ることは少なくなった。
デジタルで入稿できる時代だし、大抵のことはメールでやりとりできる。
私達がわりあい密な時間を過ごしていたのは……まぁあれがあったからで。
今日はファンレターを持ってきてくれたのだが、彼が模様替えをどう思うのか楽しみにしていた。

「仕事部屋の壁紙もいいですね。しっとりしていて落ち着く」
「ええ。フィトンチット、だったかな。森林の成分が含まれてるらしいです。落ち着くのはそのせいかも」
「なるほど、仕事の能率があがりそうですね」
そう言いながら、彼はコネクトルームになっている隣の寝室へのドアノブに手をかけた。
「あ!」という私の声に彼が振り向いた。
「寝室に何か問題でも?」
少し悪い顔で笑う。止める間もなく彼はドアを開けてしまい、私もあわてて後を追った。

「ほう……これは」
実は一番頭を悩ませたのがここだった。
彼が好きな紺や青系統のカラーで、壁紙だけでなくカーテンやベッド周りのリネン類もまとめてみた。
今までは少女趣味すぎて、大人な彼の好みとはかけ離れている気がしていたのだ。
……気に入ってくれるだろうか。

彼はゆっくりと部屋を巡回してベッド脇に立った。
「藍色のシーツ、ね。……ちょっと失礼」
言うやいなや私は抱え込まれ、ベッドに仰向かされる。
「藍色は日本人の肌色に合うって言うよね」

私の服のボタンを外しながら彼は続けた。
「本当だ。白い肌によく映える……視覚的にコントラストがすごくいい。このシーツ、好きだな」
胸をまさぐられ吐息まじりで彼を呼んだ。
「……すぎはらさん」
「亮司、だろ?」

眼鏡を外しヘッドレストに置く、彼の手の一連の動作。
見慣れたはずなのにその綺麗な手から目が離せない。
たぶんこの手は今から私をめちゃくちゃにする。
ほら。やっぱり―

『一度好きになると執着するタチなんだよ』
全てが終わった後の彼の言葉はうつろにしか覚えていないのだけど。

(あれってシーツのことだよね?)
翌日、洗濯機の中で回るシーツを眺めながら、その言葉の意味を考えた。
(気に入ってくれてよかったな。替えをもう少し買い足そう)
私はシーツを追加オーダーするためにPCのある部屋に移動した。


(了)



※次回は第1弾「はつ恋。」のSSを公開予定です(時期は未定です)



# 恋する編集者シリーズ完結記念。アフターストーリーその②「かけ引き。」

恋する編集者シリーズ第3弾「かけ引き。」(2015年11月発売)アフターショートストーリーです。
(本編をお聴きになってからどうぞ)


「悪ガキのシツケ方」
~恋する編集者シリーズ第3弾「かけ引き。」アフターSS


電車の中からラインを送ると「俺、もう駅にいる。待ってるよ」とすぐにレスポンスがついた。
なんとか定時には上がれたもののやはり待たせてしまった。
空のオフは私のオフとはほぼ重ならない。残念。
かつての空なら私の会社の前に車を停めて待機したはずだが、「目立つのイヤなんだろ」と最近はかなり「常識的」になってくれた。

今日のデートは都下にあるミニシアターで古い名画を見るというプラン。
小国の王女様が外交先のローマで出会った新聞記者と恋をするお話は、テレビ放映でもDVDでも見たが映画館で見るのは初めてだ。
郊外にある映画館というのも目立つ彼氏を持つ身には助かる。

帽子とサングラスで扮装した空に駅の改札口で出迎えられる。
だが隠し切れないオーラのせいで女子高生たちの視線が集まっている。
まずいなぁ。人気商売の彼の足を引っ張りたくない。
「早く行こう」と空の袖を引くと「何だよ。手、つなげよ」と指を絡めてがっちり恋人つなぎをされてしまった。

映画館は八割方客席が埋まっていた。
若い子もそこそこいたが、老夫婦らしきカップルが多く、フライヤーを見ながら談笑する姿を見て心が和んだ。
昔のデートの思い出でも語ってるのかな?素敵だな。

内容は簡単に言えば悲恋なのだけど、無邪気だった王女が切ない恋を経験して大人の表情になるラストがいつも印象に残る。
上映後、隣のレストランでご飯を食べながら空に感想を聞いた。
「俺は髪をバッサリ切るとこ。あと真実の口のシーン? 記者の手が食べられちゃったと思い込んだとこ。めっちゃ可愛かった」
「あー、あれは可愛いよね。私もローマに行ってアレやってみたい」
「映画に出てくるシーンて再現したくなるよな」
うんうん、とうなずいていたら太ももにぞわぞわと何かが触れる。
ん?

「ちょ、ちょっと何してんの!」
「ん? 再現してんの。一緒にDVD見たじゃん。ダンサーの話でさ、メシ食いながら足で相手にイタズラするの」
高級レストランでロブスターを食べながら、ヒロインが向かい合った彼氏の股間を足の爪先でまさぐるシーンを思い出す。
いや、それどころじゃない!
スカートの中に足をつっこまれているのを誰かに見られたら。

「……あれは、ヒロインからだったでしょう」
「あーそうだった。じゃ、あんたが俺のをやってみる?」
ニヤッと笑う顔はいつもの悪ガキ。やはりまだまだ「常識人」には遠い。
シツケが足りない? でも惚れた弱みでやっぱり許してしまう。
「……ベッドでならね」
それを聞いた悪ガキは身を乗り出して「今から実践しようぜ」と私に囁き、テーブルの伝票をつかんで立ち上がった。

(了)








# 恋する編集者シリーズ完結記念。アフターストーリーその①「撫でし子。」

恋する編集者シリーズのアフターショートストーリーをかしわさんが寄稿してくださいました。
本日公開するのは2015年12月に発売した第4弾「撫でし子。」のものになります。
(本編をお聞きになってからお楽しみください)




「チビスケの悩み」
~恋する編集者シリーズ第4弾『撫でし子。』アフターSS

ミタニはずるい。
さっきまで彼女の膝はオレのものだったんだ。
「優さん、お帰りなさい」と彼女がミタニを出迎えた時に床に降ろされたのはしょうがない。
それから二人で食事を取ったのも認めてやろう。(人間だって腹は減るだろうし)
だが問題はその後だ。ミタニは言った。

「なんだか耳がごろごろする。うっとおしい感じだ」
優しい彼女は「それは困りますね。見ましょうか?」と言いながらミタニを手招きした。
右手にはふわふわした白い綿毛?のついた細い棒を持っている。(耳かき棒というものらしい)
それを聞いたミタニの顔が「どうしたんだ、お前!」と言いたくなるほどゆるゆるになったのを、オレは見逃さなかった。

かくして彼女の膝はミタニの頭に占領されてしまった。
ミタニは「うはー」だの「あー」だのという気持ちよさそうな奇声を発する。
……腹が立ってしょうがない。オレだって彼女の膝の上でゴロゴロ言いたい!
(してみるとミタニの「あー」はゴロゴロと言うことか)
「さっきからチビにじっと見られてるよ」
「耳かきの毛が気になるんじゃないでしょうか」
「なるほど。そうか」

……。じゃあそういうことにしておいてやろう。
オレは低く姿勢を取り、ミタニの耳の上で踊るふわふわに狙いを定める。
題して「耳かき棒&彼女の膝・奪取計画」
それでこの膝枕とやらが中断されてしまえばいいのだ。

飛びかかろうとした瞬間、ミタニがすばやくオレをキャッチした。
「はっはー、残念でしたー。チビスケくん!」
胸に抱え込まれたオレはジタバタともがく。
やめろ、顔を寄せるな、お前のヒゲは好きじゃない。

「優さんどうですか?」
「うん、スッキリした。ありがとう」
……耳かきが終わったらしい。
だがミタニはオレを抱えたまま彼女の膝からどこうとしない。
そして片手だけ伸ばして彼女の頭を引き寄せて、顔を近づけた。
二人の身体にサンドされてオレは身動きが取れなくなってしまった。

……この二人はたまに、いや、頻繁にこれをする。
オレと彼女も鼻同士をこすり合わせることはあるが、人間の作法だと口同士でするもののようだ。
きっと仲良しの挨拶なんだろう。
オレはしばし考える。
オレが人間になった暁のことを。
(彼女とはともかく、ミタニとこれをするのは嫌だなぁ)
悩み深いオレに気づくことなく、二人の挨拶はいつまでも続いていた。



(了)

※次回は2015年11月に発売した第3弾「かけ引き。」のアフターストーリーを公開する予定です