FC2ブログ

Tunaboni Collectionsの制作情報をお知らせいたします

# ツナボニコレクションズ(Tunaboni Collections)公式ブログ

# 発売まであと3日!mariage_Vol.4発売記念ショートストーリー

6/27発売のmariage_Vol.4宇佐美晃編(CV土門熱)のお話です。
こちらはサンプル①の冒頭部分のエピソードをSSにしたものになります。
本編ご視聴前でもネタ的には影響ないと思いますが、気になる方は本編後にお楽しみください。

mariageシリーズサイトはこちら
vol.4宇佐美晃編はこちら(サンプルボイス公開中です)

「変わらないもの」

「そう言えば、あなたに聞いてみたいことがあったんですよね」
-?
「あの時のことなんですが……」
と、話は過去に遡る。


銀行でのランチタイム。
受信メールの【合格しました!】のタイトルを見た瞬間ガッツポーズをしてしまい同僚に驚かれた。
「いや、家庭教師をしている子が受験に合格したので」と話すと「ああ、あの例の」とうなずかれた。
「可愛いって自慢してた子だろ。上手いことやってんなーと思ってた」
ずいぶんと失敬なことを言う(可愛いのは本当だけど)
お祝いに何か贈ろう、と考え始めたものの、十代の女の子の好みそうな物を思いつくはずもなく。

その後、プレゼントを渡すだけでは味気ない、食事も一緒に、と考えがまとまったのだが、『十代の女の子の好み・その②・食事編』の問題にぶち当たる。
パンケーキ?ハンバーグ?そうするとファミレスが無難?いやいや、悪くはないが「ハレ感」が薄い。
メニューが老若男女に対応、それなりにハレの雰囲気もあって堅苦しくなくて、と選抜していくと、我が家が昔から通っているイタリアンの店が適当と思われた。
さて、肝心の『その①・プレゼント編』だ。うーん……何にしよう。十代に詳しい神様、知恵を貸してください!

そして当日、待ち合わせ場所に佇んでいる人を一瞬彼女とは思わずに通り過ぎそうになった。
「うわ……見違えました」
今日の彼女は普段よりも大人っぽい装いをしている。そう指摘すると真っ赤になった。
-そういうお店はカジュアルじゃない方がいいのかなと思って
「ちゃんと考えてきて偉いですね」
褒めて学力を伸ばしてきた癖で、つい頭を撫でそうになる。
それにしても女の子は変わるものだ、と面映い気持ちで並んで歩いた。

「これ、ささやかなお祝いです。なかなか思いつかずこんなものになってしまいました……合格おめでとうございます」
リザーブをしていた席で包みを渡す。
開けてもいいですかと聞かれ頷いた。包み紙を開く表情は期待に満ちている。ああ、どんな審判が下るんだろう。
-テーマパークのパスポート!……ありがとうございます!
良かった。外してなかったらしい。
「行く日を指定するそうですよ。あとから気づいたんですが、一人分というのは使いにくいですよね。……何なら私と一緒に遊びに行きます?」
最後の一言は冗談まじりだった。当然流されると思っていた。ところが。
-はい、お願いします!
目を輝かせている……可愛くて参ってしまう。思わず頭を撫で撫で。
……店内の視線を集めていることに気がつくまでうっかり撫で続けてしまった。

談笑のうちに食事が終わり、会計をしている時に「晃」と肩を叩かれた。
見れば、父親が彼女のお父上と並んで立っている。これから食事だという2人は、席が空くのを待っているらしい。
「今日はお祝いをしてくださったそうで。この度は晃くんに本当にお世話になりました」
「いや、愚息がお役に立てたなら何よりでした……おっ」
彼女の姿に目を見開く父。
「今日はやけに大人っぽいね……合格おめでとう」
ありがとうございます、と畏まる彼女を不躾に見ている。その視線はもはやセクハラに近い。
が、なおも父はたたみ掛けた。
「うん。お似合いだし相性もいいみたいだし。晃と将来一緒になってやって」

ん?
「いいですね。晃くんなら安心だ」
中年男性ズを交互に見ると、うんうん、とどちらも頷いている。……何故お父上まで?
ぽかん、と口を開けていた彼女の顔がみるみるうちに赤らんできた。
「……いきなりそんな……この人が可哀想でしょう」
「おや、そうなの。晃じゃイヤ?」
何も言えずに首を横にふる姿が痛々しくて、思わず立ちふさがった。
「もうやめてください」
「やっぱり仲がいいな」
「……店先でする話じゃないですよね。お先に失礼します」
にやつく2人をあとにして急いで店から退出した。


そして、今。
「……っていう、婚約にいたるきっかけ。あったじゃないですか」
-ありましたねぇ
「あの時あんなセクハラっぽいことを言われてどう思ったんですか。傷ついたかなって気になってたんです」
-……ううん。晃さんが『え、こんな子供と私がぁ?冗談じゃないですー』って言ったら嫌だなとは思ってましたけど
「………まさか物真似されるとは思わなかった……」
-似てました?
「かなり」
-あはは
「……まぁ……今となっては、あの人たちに感謝ですね」
-そうなりますね
「……テーマパーク、久しぶりに行きましょうか?」
-!!
「ほら、おいで」

可愛いい反応は変わらない。ただ私が頭を撫でる程度では済まなくなっただけ。
愛しい人の頬に口づけながら、次の休みはいつだっけ?と考えている。


(了)

# mariageわんにゃん発売まであと12日!達己と涼のショートストーリー

mariage-わんにゃん-(CVテトラポット登/切木Lee)の発売まであと12日となりました。
こちらは作品のキャラクター達己と涼にバレンタインプレゼントをくださった方へのお礼状のSSに加筆修正したものです。
2018年の2月のネタでいろいろ時期外れですが、ご興味のある方はぜひどうぞ!

mariageシリーズ公式サイトはこちら
わんにゃんのページ(サンプルボイス公開中)はこちら



「甘苦ショッピング」(達己編)

-たっちゃん、デパートにつきあってもらえるかな?
「いいけど。何を買うの?」
聞けば営業所の男性社員宛てのチョコレートの手配を頼まれたと言う。
気前のいい所長から『福利厚生費から出すからちょっといいものにして』とリクエストされたとのこと。
峯岸さんは美味しいものを知ってそうだから、と言われたらしい。
「それ微妙にプレッシャーだね」そうなの、と不安げなおまえ。
よし、そういうことなら我が家の威信にかけて選んでみましょう、ということでデパートのバレンタイン特設会場に赴いた。

熱気が凄まじい会場の人波を縫うように歩く。
奥さんは明らかに多種多様の商品に目移りしている模様。うんうん、想定内。
その中で日本初上陸らしいチョコレートに目星をつける。
「ひとつ買って味見をしてみようか?」と言うと、ぶんぶんうなずく。
やっぱり自分が食べたいんだよね?うん、それも想定内。

休憩所のベンチで買ったばかりの箱を開けてみる。
プラスチックチョコレートというのだろうか、鮮やかな色彩が工芸品のようだ。
食べるのが惜しくなるが、そこは画像で保存するということで、パシャリ。
-すごく美味しいね
「うん、美味しいね」
幸せの甘いもぐもぐタイムにふたりの顔がほころんだ。

これにしよう、と決めて会場に戻るとその売場に人だかりが出来ている。
「うわ、すっごい混んでる!日本初上陸だから?」
-さっきはこんなに混んでなかったのに!

……そしてその結果。
予算内の品物は人数分の確保ができないことがわかり、峯岸家は敗退、涙を飲んでほどほどの品物を手に入れたのだった。
次の試合(?)はがんばります!  

(了)


「試されるチョコレート」(涼編)

今日はバレンタインデーというとてもめでたい日だが、就業時刻が過ぎたにもかかわらず嫁が帰ろうとしない。
「おまえ抱えてる仕事があるの?」と尋ねると、いいえと首を横に振る。
なんだろう……あ、もしかして。
「わかった、俺宛にチョコレートを用意してなかったんだろ。いいぞ、気にしなくても」
そう言ってもその表情は晴れない。

「そうだな、とりあえずチョコペンを用意してくれればいい」
-?どういう意味ですか?
「おまえの全身にチョコペンで絵を描いてだな、それを俺が舌で」
-涼さん、やめて?……ちゃんとチョコレートはあるんですよ
「じゃ、何を悩んでるんだよ」
-ちょっとしたコラボを思いついて……実行したんですけど、なんだか失敗作のような気がして
「どういうこと?」
-涼さんハンバーグ好きでしょ?で、今朝下ごしらえしてきました
「おう、いいねぇ。それに何の問題があるの?」
-……チーズの代わりにホワイトチョコを真ん中に入れたんですよ……よくよく考えるとどうなのかなって
「え」

ひよこは申し訳なさそうな顔で俺をじっと見ている。
-でも、美味しい可能性も否定できないんです。チョコトンカツなるものも世の中には存在するらしいので……
「へ、へぇー……」
-作っちゃっていいですか?

ひよこの飽くなき探究心。そこは褒めてやらねばならん。だが。
……俺は愛を試されている
さあ、どうする樋口涼!                  

(了)

# 愛妻の日ショートショートストーリー

1/31は「愛妻の日」だそうです。mariageシリーズの愛妻家たちが1/31をどう過ごしたのかというお話です。

aisainohi.jpg
mariageシリーズサイトはこちら


【峯岸家編】

達己「おくさーん、ただいまー。これプレゼントでーす(がさっと花束を渡す)」
-綺麗……どうしたの、このお花?
達「やっぱり知らないよね。まだ全然周知されてないんだな」
-何のこと?
達「1/31って愛妻の日なんだって。花屋さんもへーそうなんですかっていう反応だった」
-おおう……そうなんだ……ありがとう……
達「……あっさりしてますな。嬉しくないの?」
-ううん。すごく嬉しいよ……でも
達「でも?何?」
-うちって毎日そんな感じだから勿体ないなと思って……いいのかな、もらっちゃって?
達「……おくさーん!(がばっと抱きしめる)」



【樋口家編】

涼「(職場でSNSを見ながら)ほう。……ほうほう……ひよこ知ってる?今日は愛妻の日らしいぞ」
-そうなんですか
涼「愛妻家としては見過ごせない日だな」
-いつも十分愛をもらってますから大丈夫ですよ
涼「……反対に愛夫の日はないのかな(と検索を始める)」
-……
涼「……無い。何故だ。夫は愛されなくてもいいのか」
-涼さん、そろそろ帰りましょうか
涼「ひよこ冷たい」
-涼。おまえを愛してるぜ
涼「うっ!(撃ち抜かれる)」



【月村家編】

海「(花屋の店先に駆け込む)……はーよかった、まだお店開いてた!」
-おかえり、海。お疲れ様
海「ただいまおんちゃん。お花、なんか見繕ってくれる?」
-ん?……プレゼント用?
海「そー。おんちゃんの好きな花にしてください」
//ヒロイン、ややあって小ぶりのアレンジメントを海に渡す
海「さすがだな~……はい、これおんちゃんにプレゼントです」
-???
海「今日は愛妻の日なんだって。他の花屋で買う気はしないし、ホントは自分でやれればいいんだけど時間が無くて……ごめんね」
-ううん、いいんだよカイ。ありがとう!
海「喜んでもらえてよかったー」
-そうなんだね。……愛妻の日って妻にお花をプレゼントする日なの?このイベントってもっと広めていいの?
海「……おんちゃん、商人(あきんど)の目になってるよ」


※mariageシリーズはもうちょっと続く予定です。お楽しみに!

# 「mariage-マリアージュVol.3-月村海編」発売記念ショートストーリー

「mariage-マリアージュVol.3-月村海編(CV昼間真昼)」(2017年11月29日発売)
公式サイトはこちら

小学4年生の海、引っ越し直前のお話です(ヒロインは出てきません)
重要なネタバレはありませんが、気になる方はご視聴後にどうぞ!


「スナップ写真とポッキンアイス」

夏休みのある日。
「カイ、いい加減に机の中を片付けなさい!引っ越しのトラックが来るの今度の日曜なのよ?」
台所にはポッキンアイスを取りに来ただけなのに、いきなりかーちゃんに怒られた。
でも俺もちょっとは悪い。
一週間ほど前に『持っていくものをここに入れて』と渡された段ボール箱に未だに何も入れていないんだから。
「あとでやる。今はアイスを食わせてください」
「丁寧に言っても駄目。アイスは片付けのあと!」
「……ふぁーい」
かーちゃんの頭の上にツノのようなものがにょきにょき生えてきたので、俺はアイスを諦めて片付けをすることにした。

部屋に戻り机の引き出しやランドセルやバッグに入っていたものを全部床の上に並べてみる。
文房具、絵の具、書道の道具、鍵盤ハモニカ、リコーダーはガチで要るよね。新しい学校でも使うはず。
その他のもの……俺にとって大事なものはどれだろう?

・4年2組のみんなに書いてもらった寄せ書き→絶対に持っていく
・去年の夏休みに作ったピカピカ泥団子→割れると困るから手で持っていく
・物心ついた頃から集めているセミの抜け殻→持って行きたいけど『捨てろ』って言われてる……どうしよっかなー
・6月の運動会の組別リレーで優勝した時のミニ賞状→絶対に絶対に持っていく
・○文式の宿題だった手付かずの計算プリント→ぎゃっ!?……ヤバイものを発掘してしまった。すぐに捨てなければ!

要るものをダンボール箱に、要らないものをゴミ袋に仕分けしていく。
「あ……こんなの出てきた」
薄いビニール袋に入っていたのは、去年の冬の子ども会で撮ってもらった写真だった。
冬の子ども会はクリスマス会を兼ねている子ども会行事だ。
内容は映画鑑賞会の時もあればボーリング大会の時もあったが、この時は「スライム作り」だった。
(スライムはふにゃふにゃでろでろで作るのも触るのも楽しい。あれ?あの時作ったスライムってどうしたっけ?)

ビニールから取り出した2枚のそれは全体の集合写真とスナップ写真で、俺の目はスナップの方に釘付けになる。
3年生だった俺はでろ~んと伸びたスライムを持って笑っていた。
後ろに偶然写り込んでいるのはあの頃の登校班のリーダーだ。
俺はこの女子を「おんちゃん」と呼んでいた。

新入生でかーちゃんに連れられて初めて集合場所に行った春の朝。
登校班には何人かの年上の女子がいて、うちのかーちゃんはその女子たちに『お姉ちゃんたち、海をよろしくね』と挨拶を始めた。
その中で「おんちゃん」だけが「はい」とハッキリ返事をした。
なので幼い俺は「俺によろしくされてもいい人」=「お姉ちゃん」と覚えた。
おねえちゃん→おねちゃん→おんちゃん、と変えていった呼び方は、この人にしか使わなかった。
そして、その後の俺はちゃんとした名前を覚えてもやっぱりこの人を「おんちゃん」と呼んだ。

やさしくて大好きだったけど今はもう卒業してしまったおんちゃん。
それに俺ももうすぐこの町から引っ越してしまう。
かーちゃんは近いうちにお世話になった町内の家に引っ越しの挨拶に行くらしい。
おんちゃんちのお花屋さんにも行くみたいだ。
俺もお別れをしに行くのかな?
でも何て言えばいいのかわからない。
この写真はどこに入れとけばいいんだろ。
俺はそんなこともわからない。

パンパンに詰め込んだダンボール箱を部屋の隅に移して、台所に報告に行った。
「終わった。かーちゃん、これが出てきたんだけど」
写真を見せると「あ、去年の子ども会のね。もらっとく」と言って、エプロンのポケットに入れてしまった。
「何で?欲しいの?」
「そりゃー我が子の写真だもの。台所の片付け済んだらあとでゆっくり眺めようっと」
「……ふうん」

冷凍庫から取り出したアイスをポッキンし、かーちゃんと分け合う。
その冷たさ甘さを味わいながら考えた。
(つまり……写真はかーちゃんのものになっちゃったワケ?)
(……?)
(…………なんで!?)
モヤモヤする。何でだろう、モヤモヤする!

「顔しかめてる……虫歯だな。引っ越したらすぐに新しい歯医者を探さなきゃ」
アイスをちゅーちゅーしたまま俺が眉間にシワを寄せているので、かーちゃんは勘違いしたみたいだ。
「……ちがう。歯なんか痛くない」
痛いのは……歯じゃない。

「すごく痛むなら仮詰めしに行くけど」
「……ちがうっつーの!うっさいよ」
なおも不機嫌な俺に『反抗期ですかー?』と嬉しげに詰め寄ってきたかーちゃん。
あーもう、すっごくウ・ザ・イ!
なので俺は(セミの抜け殻はやっぱり全部持っていってやる)と心に誓ったのだった。

(了)

# 「mariage-マリアージュ-Vol.2樋口涼編」ショートストーリー

「mariage-マリアージュ-Vol.2樋口涼編(CVテトラポット登)」(2017年5月発売)のアフターショートストーリーです。
公式サイトはこちら
本編をご視聴後にどうぞ!

「ロマンチックの源流」

クライアントとの打ち合わせが思いの外早く終わってしまった。
込み入った案件だったので、勉強のために嫁を同席させていたのだが、担当者に『樋口さん、奥さん見せびらかしに来たの?』と冷やかされたのは参った。
……まぁ、完全には否定できなかったり。

平日の午後の繁華街。
「会社にまっすぐ戻ってもつまらんな。デパートを視察、そんでデパ地下でデリ買って家に直帰。ワインと一緒にやっつける。どうよ」
-朝作ってきたおかずがあります、勿体ないです
「おまえなー。たまには手を抜けよ」
歩きながら相談していた矢先にシネマコンプレックスのビルが見えてきた。
(映画デートという手もあるな)と思ったが、恋人時代同様に計画性が無いのはどんなもん?としばし迷った。
が、嫁の目が一枚の映画のポスターに釘付けなのを見て迷いが消える。

「これ、見よう」
-え、いいんですか?
「お好みど真ん中そうだし。いい感じで時間も合うみたいだし」
-涼さん、ミュージカル映画ですよ……?大丈夫?
「む?それはどういう意味かな?」
俺はおまえのひよこ口が見られればいいんだよ。
「アニメはガキの時にDVDで見た気がするんだけどイマイチ覚えてない。これ実写だろ?CGがカッコよさそう。見たい。見ようぜ」
『ホントに?』と不審げな嫁をビルの中に押し込んだ。

結論から言うと映画は俺自身も楽しめた。
パンフレットとサントラCDを嫁に買ってやり、そのまま帰途に着く。
嫁は道すがらいろいろと解説してくれた。
いわく、原作ではヒロインは一人っ子ではなく兄3人姉2人がいるということ。
お父さんは発明家ではなく商人であること。などなど。

-野獣の俳優さん、目が綺麗でしたね
電車の中、パンフをひろげながら嬉しそうに語る。
「本当にロマンチック好きだよな。何がきっかけ?」
俺の質問にうーん?と首をひねって考え込んだ。
-気がついたらそうでしたね……母の読み聞かせのせいかも
自分で読めるようになってからは原作にも手を出したとのこと。中には恐ろしい結末のお伽噺も多いらしい。

「聞いたことがあるな。グリム童話は特に残酷だとか」
-そうなんです……悪者への報復がひどい……ちょっと辛い
眉を曇らせ+悲しげに+首を横に振る。
ああ、マジで辛そう。可愛い。
『なんでこいつはこんなに表情が豊かなの?』と常々思っていたが、幼い頃の情操教育が行き届いていたせいかもしれない。
嫁のお母さんありがとう。
こんなに可愛くしてくれてありがとう。

家に着いて夕食を済ませリビングでくつろぐ。
「おいでー」
と召喚するのは例によって膝の上だ。
新しいソファは毎夜の2人分の加重に耐えられるのか?少し心配だ。
まだどこかほわほわ顔なのは、映画の余韻なのかもしれない。
なので、つついてみたくなった。
「ちなみにおまえが一番好きな童話って何?」
-う~ん……からかわれそうだから嫌だな
「いいから。言ってみ」
-嫌です
「……待てよ……たぶん……アレだ」

ドレスショップで散々悩んでたアレ。
『これは私の体型には似合わない……』と一度は立ち去り、他のものを見てはまた戻る、を繰り返していたマーメイドライン。
着るだけ着てみろ、と試着させたが俺は変には思わなかった。
ショップの人から『ピッタリにお直ししますよ』と一押しされても、らしくもなく即決を渋っていたのだが。
(ちなみにその後は『どれも全部似合うぞ!』と力説し『お願いだから黙ってて』と釘を刺されたので口を出せなくなった)
数日後、直されたドレスを試着しに行った嫁から『大丈夫かもです』とラインをもらい『良かったね』と返信した。

「……人魚姫だろ?」
-うっ!
図星だったらしい。みるみるうちに顔が赤くなる。
「人魚姫よ。おまえが私の命を助けてくれたのだね」
-涼さん、やめて、死にそう……
「なんだよ。こういうの大好きなくせに」
もういいから、とまた映画のパンフを読み始めた嫁の耳たぶは赤いままだ。
効果がありすぎるだろう。楽しいけど。

「それさ、王子に戻る前の野獣の姿もかっこいいと思う?」
俺の膝の上で身をよじり、うんうんと激しくうなずく嫁。
-むしろ野獣のままでいて欲しいんです!
「あー、女ってわっかんねぇな~!王子様がいいって言ったり野獣がいいって言ったり」
どうせならもう一押ししてやりたい。

「な」
とパンフを取り上げてテーブルに放る。
「俺、人間だけど、今から野獣になっちゃうかも」
そう囁いてぐいっと脇に手を入れ立ち上がらせる。
そして、そのまま「よいしょ」とかつぎ上げた。

俺を上から見下ろす嫁の困り顔をしばし堪能する。
やっぱり見飽きない。本当に。
-やじゅう、って……いつもよりやじゅう……?
「ガオー?野獣ナノデ、人間ノ言葉、ワカリマセーン」
美味しい獲物をしとめた俺は意気揚々と寝室へ向かった。

(了)